インディゴチルドレンと「書く」ということ

 12, 2016 17:29
インディゴチルドレンには内側に自分の考えや魂のテーマや今生の目的に必要な神様に持たされた情報などたくさん詰まっているので、何らかの形で表現することは絶対的におすすめします。私たちは感受性が強くて、絶対的にいろいろなことを感じていて、たくさんのことを考えていて、ときおり混乱がちになってしまってイライラしたり、不安でいっぱいになってしまったりしてしまうことがあるかもしれません。

そんなときに、誰かや何かや誰かの言葉がぐるぐるに頭の中を回り続けて、冷静な判断や優先順位が立てられなくなっていると感じたら、「書く」ということをおすすめします。文字を「書く」ということも、パソコンなどで文章を「書く」ことも両方とても良いことですが、文字を書くときは文字を書くことで整うものがあるし、パソコンで文章を打ち込んでも整うものがあります。

それは、箇条書きでもいいし、句読点や文脈を気にしないで自由に書いてもいいと思うんです。あなたが「書く」ことを楽しむことができるのであれば、起承転結のない小説の一節のようなものでも、詩でも、脳直でただ書き綴ったものでもいいし、好きな場所に好きな大きさや好きな字体や好きな色や好きな吹き出しやマークなどを書きながら落書きのように「書く」ことをしてもいいと思うんです。

最近まで「書く」ことがあまり身近に無かった場合は、「書く」ということ自体が大変で面倒で難しいことに感じるかもしれませんが、それでも自分の考えや感情や思いついたことをどんどん書いてみることをおすすめします。もしも、「文字」に抵抗があったら、絵や線を「書く」ことでもよかったりします。そんな風に、少しずつ文字をかいて、言葉を紡ぎだしているなかで、自分の考えがまとまったり、自分の信念や価値観を知ることが出来たり、自分自身が癒されたりしていきます。

文章を書くという行為自体が脳を活性化すると言われています。精神的に落ち着いたり、集中力が増したりします。インディゴチルドレンは身近な人の思考回路やエネルギー状態の影響を受けて感じていることと、自分の考えや感じていることとを同時に感じて無自覚のまま混乱していることがあります。混乱というとパニック状態になることを思い描くかもしれませんが、自分の状況や優先順位や価値観に反して、誰かの言葉にとらわれ過ぎて冷静な判断が出来なくなってしまうことがあります。そんな状態のときは、その誰かや誰かの言葉で頭の中がいっぱいになってしまいがちですが、あえて、違うことを書き出してみることをおすすめします。

あなたがインディゴチルドレンで何かを発信したいと考えているとともに、何を発信したらよいのか迷っているとしたら、素敵情報をシェアすることをおすすめします。これは誰かの役に立つと思うことを発信し続けたらよいのだと思います。どんなに言葉を選んでも、伝えたい意図や情報が異なって伝わることもありますが、それでも発信することをおすすめします。

インディゴチルドレンであるあなたには、高次の存在が地上に届けたいことをありとあらゆる形でとどきます。感動や喜びや楽しさや心地よさや、悲しみや怒りを癒すことなどいろいろな事が届きます。もしかしたら、この程度のこと。と思ったり、もっと上手な人がいると思ったり、もっと良い情報を発信している人がいる。と思うかもしれないし、もっと違う形で、もっと違う何かをしなければ認めないという人もいるかもしれません。それでも、何かを発信することを始めたら、その経過過程で表現力はどんどん成長していくし、知識や経験の量は増えていく一方だったりします。

文章や表現する何かが上手になったら発信したいと考える人はたくさんいます。じゃあ、どうしたら上手になるの?と考えたら「書くこと」や表現することが絶対的に上達することに繋がっていきます。だから心配しないで書いてみてください。例えば、自分の住んでいる町のことを300文字くらいで書いてみてはどうでしょう。




   ブラック

ANGEL★BLESSINGS

セッションのお申込み・質問・お問い合わせはこちらから
Tel 050-5307-3848  Email info@angel-blessings.jp


COMMENT 0

WHAT'S NEW?