インディゴチルドレンと「しぜんと」

 22, 2015 09:48
緑の多いところを散歩をしていたら

水の流れる音がするので

音のするほうに向かって歩いていったら

池がありました。

その日は少し風があったので

木々が

ゆらゆらと水面に映っていました。


市街地から離れていない公園なので

車が走る音などが届いて聞こえていて

でも、

市街地の中に居たら

それが当たり前で

車の音が聞こえているとも思っていなくて

だけど

音楽が聞こえにくいなと思って

音量をあげたりするのは

いろんな音が聞こえているからなんだよね。



・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…



ところで水は

高所から低所に流れます。

だからここに窪みがあったら

そこに溜り池になったり沼になったり湖になったりする。

こんなに静かなのに

鏡みたいに周りの木々や空が映っているけど

水面がゆらゆらしている。


この池から流れる水はまた

高低差が大きかったら滝になって

山肌を下り降りたり

また、田んぼや沼にとどまったり

川になったり

海になったり

雲になったり

雨になったり

雪になったりするんだなぁと思うと

風もなく音もなく

ただ静かにたたずむことが

内なる平和で静かな平和なのかと思うと

違和感を感じてしまう。

じゃあ?滝の時は川の時は

波打ち際や雲になって空を流れる時は?



・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…



インディゴチルドレンの人生は常に流動的だし

インディゴチルドレンにはその適応力があります。

だけど時々

留まることや変化がないことや

反復することや

感情が動かないことが良いことで

流動的で対応力があることや

感受性や情熱があることを

手放すように言う人が

居たりいなかったりします。

だけど

ある人にとって信頼する価値観と

インディゴチルドレンにとっての

正義と生き方が違ってもいいんじゃないでしょうか?



・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…



あなたの内部には

聖域と呼ばれるような

神殿のような

静かで落ち着いた場所があります。

じゃあ

神殿の周りは雨も降らなければ

風も吹かなくて

温度差もなくて

埃もたまらないかと言われたら

掃除もするし

雨風から守る社のなかに

大事に祀られている。

きっと内なる平和を保つためには

不十分な部分を補って、完全なものにする

『何か』が必要なんだと思う。



・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…



自然界の中に

自分の内側に似た

静かで落ち着いた場所を見つけたり

サイクルや習性や相乗効果を見つけると

内側の平和がより強くなるのだとよく天使は言うのだけど

それは浄化や

波動が整うだけでなく

不十分な部分を補って、

完全なものにするヒントも

自然の中にあるんだなって感じます。



それでも自然の中を歩いていると

どんどん浄化されていくことがわかる。

体が軽くなって

一歩一歩が楽になるし

呼吸も深くなっていくし

どんどん

うれしかったことや楽しかったことや

大好きなあの人や

面白いことを思い出すようになる。



スピリチュアルな人は良く瞑想するみたいで

私も勧められるけど

だけど

自分は自然の中に散歩に行きます。



歩いていると

どんどん自分の本質は

『全てなるもの』と調和しているんだと感じる。



すると

自然と優先順位がわかるし

楽に動くことができるんです。






   ブラック

ANGEL★BLESSINGS

セッションの申し込み・お問い合わせはこちらから

Tel 090-4882-3285  Email info@angel-blessings.jp

COMMENT 0

WHAT'S NEW?