これは

インディゴチルドレンに限った事

ではないのですが

ステージチェンジや

転職や

恋愛が終わったタイミングなどで

一人で過ごした方がいい時間というものは

君に訪れます。


それはひとつは

波動的なエネルギー的な浄化の意味があり

またひとつは

これまでの学びを知識から

知恵に変化させるための経験を多い時期でもあり

またひとつは

これからのステージに必要なインストールが

たくさん届くためであり

またひとつは

君の心や体を癒す為でもあります。



 ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 



何事にも本気で

一生懸命になるインディゴチルドレンは

転職であれ

恋愛の終了であれ

ステージチェンジであれ

そのタイミングに自分のライフスタイルを振り返ってみると

休みもなく働いていたり

自分の時間がないくらい

組織やプロジェクトや

パートナーとの時間や

組織やプロジェクトや

パートナーに関わることに

時間や能力を費やしていたりすることが

多々あります。


自分が思う以上に

疲れているんです。



 ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 



インディゴチルドレンは

「自分」というものが魂の仕事の

大切な資源です。

だから

「自分」の時間や

「自分」の趣味や

「自分」と向き合う時間や

「自分」を解っていることって

とても大事な事。

インディゴチルドレンが迷うときは

自分が何を考えているかも

わからなくなっているはず。



 ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 



そしてとても単純な話で

一人の時間が楽しく過ごせるうえに

誰かとの時間もたのしく過ごせるなら

人生に楽しい時間がどど~んと増えます。



一人の時間もつまらなくて

人との時間も忍耐なら

人生につまらない時間だらけになってしまう。


僕はインディゴチルドレンには

この地上での時間を満ち足りて過ごしてほしい。

そのために宇宙も大地も

なんでも与えたいと用意しているんだよ。



 ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 



恋愛の終わりであれ

転職であれ

プロジェクトの終了であれ

ステージチェンジであれ

自然とひとりの時間が増えるタイミングが

君には届きます。

それは失敗をして

人との関わりを失ったからでも

君が孤独で

誰にも必要とされていないからではなく

君にとって一人の時間が必要だからです。

だから心配しないで

ひとりの時間を楽しんでください。

誰かと一緒だと

なかなか本とか読めないしね。


心配しないで

ひとりの時間を楽しんでほしい。

それでも君は一人になれないし

仕事の依頼が届いてしまうけど

それでも一人の時間も楽しんでほしい。

そしてこの時間が楽しくて

満ち足りて

心地よく過ごせれば過ごせるほど

次のステージの歯車は

大きく動き出すんだ。




   ブラック

ANGEL★BLESSINGS

セッションのお申込み・質問・お問い合わせはこちらから
Tel 050-5307-3848  Email info@angel-blessings.jp




インディゴチルドレンである君の中には

一般的に「あり方」と言われるような

ルールがたくさんあると思う。

それは君にとってとても大事なもので

君の人生の羅針盤です。

そして

君の魂の仕事とは

その内側の表現と言っても

過言ではありません。



 ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 



インディゴチルドレンは

存在自体がキラキラして

存在感があるので

よく人に

「理由」などを聞かれます。


だけど

その質問に何かを答えるたびに

なんだか変な違和感を感じているかもしれない。


例えるならば

禁煙を勧められた

愛煙家の方のような苦笑の表情や

健康のために

食事を気を付けるようにアドバイスを受けて

怒り出す人のような

何だか変なリアクションを相手の人がすることがあると思う。



 ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 




相手の人がどうして

そのようなリアクションをとっているのかということは

その人、その人

一人、一人違いがあると思う。

だけどあえて共通点を言うのであれば

そこまで本気でしっかりした「あり方」をもって生きているなんて

びっくりしたんだ。

だけど多くの人の目には

目の前にいる人間が

唯一無二の

魂の仕事を持って生まれてきた人であるか

そうではないかは見てわかることは

難しいのかもしれない。



 ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 



なんだか変な話に聞こえるかもしれませんが

「特別なことは何もない」

と答えるという方法があります。

事実

君にとっては

「特別なことは何一つない」のだから

嘘じゃない。

だけど

誰かにとって

特別な事じゃない事も

誰かにとっては

難しくて大変で

理解しがたい脅威的なことに

感じてしまうことがたくさんあります。


絵を描く人が

毎日、日記代わりのスケッチをするといって

本人にとっては落書きでも

絵を描くことが上手でない自分にとっては

毎日こんなに上手な絵を描くなんて無理!

と思ってしまうことに似ています。



どんなにその人が

毎日書いていたら

あなたもすぐこの程度のスケッチかけるようになるよ!と

優しくいっても

「無理!無理!無理!!」

と言って、まるで無理やり絵を描かせられようとしているような

そんな誤解をしてしまうかもしれません。

世の中にはそんなことがたくさんあります。



インディゴチルドレンが経験していることも

同じような事。

あなたの魂の仕事は

絶対的に内側の表現が関わっています。

だから

表現の形や場が必ずあります。

その場以外のところでは

「特別なことはなにもしていない」

と言っているほうが

相手の人がストーンと腑に落ちることがたくさんあります。

事実として

特別なことは何もしていないんです。

誰かが特別だと評価してくれることがあるけれど

自分にとっては特別なことは何もしていない。

だってそうじゃない?

だから

「特別なことはなにもしていない」

という答えは

嘘じゃない。



   ブラック

ANGEL★BLESSINGS

セッションのお申込み・質問・お問い合わせはこちらから
Tel 050-5307-3848  Email info@angel-blessings.jp







おはようございます。いつもお世話になっています。チャネリングヒーラーMI★KAです。インディゴチルドレンのリーダーシップがあるという才能は絶対的に相手や仕事や社会や未来のために良い意味を持つという考えとセットです。そして自分が正しいと感じることを貫き通せる強さがあります。

その強さって時に頑固さや、支配的だと感じられたり、上から目線に命令をしていると誤解をされたりすることがあります。同じことでも人に好かれたり認められることもあります。特にお金持ちや会社の社長などインディゴチルドレンの意志の強さや価値観を良いものとして認めてくれる人もいるでしょう。人の短所と長所は表裏一体だとよく言われていますが、インディゴチルドレンの場合も同様に同じことが相手によって違う受け取られ方をします。

「人は変わらない。だから自分が変わるしかない」とはよく言われます。インディゴチルドレンが誤解をされた時にも、考えを変えるように伝えられることがあるかもしれません。しかし根本的に相手を支配したい。自分の思い通りにならないと気に入らない。自分のルールだけが正しいと思っていると誤解されたまま、その考えを変えたほうがいいと伝えられてもそうじゃない!と感じてなかなか受け入れられずにいるかもしれません。そしてただ、このグループのやり方に従うように強要されているように感じるかもしれません。

インディゴチルドレンがここに存在して、相手や仕事や社会や未来のために良い意味を持つというアイディアや考えを思いつくことは、インディゴチルドレンをインディゴチルドレンたらしめるとても大事な事です。だから、考えなければいいのにと言われても、高次からはどんどん情報やメッセージが届きます。このアイディアや考えを地上に発信するためにインディゴチルドレンは存在しているのであって、自己顕示欲や支配欲を満たす為に考えていることではないからです。

インディゴチルドレンに知っていてほしいことは、短所と長所は表裏一体だと言われていても、その両方が何かのか?ということを多角的にわかって相手の個性を認めることが出来る人は意外に少ないということ。だけど、インディゴチルドレンにはそれがわかるということ。そして、それがわかるということと、高次からの情報やメッセージが届くということは同じことなんですよね。わかることをわからないように振舞ったり、話さないのではなく、伝え方や話し方を向上させていくことを考えてみてほしいのです。

声や言葉とは波動です。インディゴチルドレンの声はインディゴチルドレンが考える以上に波動が高いので、乱暴な言い方や雑な言葉では不協和音のような違和感として相手に届きます。しかしこの違和感が「何」なのか多くの人はわかりません。わからないからこそ、自分を支配しようとしているのかもしれない、侮蔑しているのかもしれないと誤解してしまうみたいなんです。

インディゴチルドレンには絶対的なリーダーとしての気質と才能があります。しかし、平和と平等を愛するインディゴチルドレンは支配的、独裁的なリーダーになりたいなどとは全く望んでいないはずなんです。全く望んでいないのに誤解されてしまうのだったら、誤解されないような伝え方を身に着けていければよいこと。

どんなグループの中にいても、恋をして相手に自分を好きになってもらいたいときですら、インディゴチルドレンは自分らしく自由に自分の考えを言葉にしてほしいと高次の存在は伝えます。そしてインディゴチルドレンの言葉は高次から届いた言葉だからこそ、高次の波動そのままに軽く丁寧に話してみてほしいのです。




   ブラック

ANGEL★BLESSINGS

セッションのお申込み・質問・お問い合わせはこちらから
Tel 050-5307-3848  Email info@angel-blessings.jp




WHAT'S NEW?